FC2ブログ

いろいろな本を読んでる梶。
一つはただ単なる興味である(^_^;)

もう一つは、理由はわからない・・・

自分の中で、何でこんなものに興味があるのか??もしかして俺って???

なんて考えたりもしてた・・が後付けになるが、今の仕事をするうえでめっちゃイメージ作りとなる基本知識の為だった事が理由であった・・

みたいだ☆


それがコレ↓↓↓





120222_130443.jpg
120222_131432.jpg

これ以外にも、犯罪者心理学・・とか〇〇の〇〇・・・とか〇〇が〇〇〇〇〇・・・とか(笑)

とにかく読み散らかした時期があった。。


倫理的にはこんな本は完全アウチィ~~~~!!ですが。

というか一時期絶版になったんじゃなかったかな??

先日、とある本屋によってみたらなっと専門の棚にズラァ~~~~って並んでて驚いた!!


いいのかよ??(-_-)/



世の中では、リアルなゲームや刺激の強すぎる描写が、若者の犯罪につながる・・

と言っている。

実は梶もそうだよなぁって思ってる人である。

しかし、反対にそうでもないだろう?って思う。。まさに天使と悪魔が梶の中に価値観として存在している。


意外に若者は現実をちゃんと理解している。

一方でよく分かってないヤツが「少数」いる・・

という考え方からである。

まあ、その少数ってのがどうしようもない連中であることは否めない(^_^;)


結局は自分に負けてしまうか、自分を理解しようと「努力」しているかの問題であると思う。

完全に二極に分かれるわけでもない。「無関心」というのもいるのも事実だし。




といった事も含めて、梶はより多くの価値観とかを理解したいって思ってるのだ(#^.^#)


「寛容」


これが、梶の理想とする梶の為るべき人間像である。





と思っているが、まだガキですがね(^_^;)





あっ、本の内容がどうでもよくなっている・・・・

コメントの投稿

非公開コメント

パピもバイオでゾンビ殺したり、ハンニバルやレッドドラゴンも見るけど、、残虐性よりアホ成分増長。。。

ゲームや描写の影響?確かに少しはあると思う。
パピの子供の頃はヒーロー者全盛期で、正義に憧れ、間違ったコトは親や先生が体罰をもって直してくれた。

要は、人格形成期にどんな躾や価値観を刷り込むかでその後の性格が決まる?のでは??
だから親や先生に叱ってもらえない今の子はカワイソウ。。どうしようもない連中になるのは、本当に手本になる正しい人に出会えなかったから?とも。。

梶しぇんしぇー、導いてあげてちょんまげー(笑)

あ、この本のタイトルは知ってます。
どうですか? 参考になりましたか?(マジで訊いてるw)

知識やイマジネーションを育てるためには、必要な手引きですよね。
最近はネットも、露骨な表現や画像は取り締まられているようですね。それは仕方ないとしても、本は・・・ねえ。

そういえば、東京では露骨な描写のコミックを販売したら罪になると言う条例が出されて、一時期話題になりましたよね。
その後、どうなんでしょう。
ああいうものは、ある時期散々見倒せば、健全に覚めて行くものだとおもうんですが。
寛容すぎるでしょうか・・・。
(あ、梶さんと同じことを言ってる!)

パピルさん

近所の怖いおじさんがいなくなってしまった事が一つ大きな要因かなぁ。
随分前だけど、とある体育館の入り口あたりで、子供たちがサッカーなんぞしててボールがガラス戸にあたっているのを見て
「コラー!こんな所で蹴っていいって教わったのか!?」
って怒鳴って起こったら、まあ子供たちは「ぴゅ~~!」って逃げて行ったけどそれはいいとして、
近くの親かな?そんな人が「こわいねぇ~」って言っていたのが気になった(^_^;)
あんた自分の小さな子がそばにいるやろ!危ないっ思わんかったんかい??
って思った。

梶は先生の前に怒れるおじさんになろうと思う(笑)

正直、お兄さんでいたいのだが(笑)

> パピもバイオでゾンビ殺したり、ハンニバルやレッドドラゴンも見るけど、、残虐性よりアホ成分増長。。。
>
> ゲームや描写の影響?確かに少しはあると思う。
> パピの子供の頃はヒーロー者全盛期で、正義に憧れ、間違ったコトは親や先生が体罰をもって直してくれた。
>
> 要は、人格形成期にどんな躾や価値観を刷り込むかでその後の性格が決まる?のでは??
> だから親や先生に叱ってもらえない今の子はカワイソウ。。どうしようもない連中になるのは、本当に手本になる正しい人に出会えなかったから?とも。。
>
> 梶しぇんしぇー、導いてあげてちょんまげー(笑)

limeさん

両方とも思ったほどひどいこと書いて無くて、ちょっと興ざめした感が否めない(^_^;)(何を期待してたんだろう)殺人のいついては、別にやり方とか書いてあったわけじゃなく、こういうひどい事があったっていう事件を書いてた感じ。
これより立ち読みしてた、世界の処刑方法みたいな本の方が気持ち悪くなった(^_^;)

自殺マニュアルは、確かにこと細かく書いてあったけど、ひどい描写ではなく淡々と書いてあった。
ちょっと面白く書いてあって、人間って簡単には死なないものだぁってのが印象。

どっちかというと、ひどい事いっぱい書いて、死ぬと大変なんだよ!って訴えてくれた方がいいんじゃないかなぁって思う。

そういえば、条例出たはずだけどいまいち実感がない(^_^;)
というのもあまりそういうの読まないからだろうなぁ(^_^;)
たぶん、エロい漫画とかじゃないかなぁ?
性描写が、なんか屈折したものはたくさんあるみたいだから、そういうのは良くないって思う。。

残額性ってそういう所からの影響の方が多いんじゃないかな?
多感な時期の子達が一番興味を持っているものでもあるし。。

健全の意味はいまいちわからんが、本来持ってる意味がちゃんと伝わればいいんだけどね☆

昔テレビでやっていた「ジャングル黒べぇ」とかなんて、黒人差別だ!!ってな事で打ち切りになってしまった経緯があるらしいけど本来の意味はそうじゃないと思う。
作者が意図としているところって、なかなか伝わらない現実なのかもね(^_^;)

性描写の酷いものについてはいったい作者はどんな事考えて書いてるか知りたいものだ。。
プロフィール

kazi

Author:kazi
梶 武志(本名 梶浦 武志)
1972年11月2日生まれ 岐阜県出身

職業:アクションコーディネイター 

殺陣・アクション指導から演技指導・プロデュースなど多方面にて活動!

性格は至って温厚
猫好きである(=^・^=)

リンクフリーです☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード