FC2ブログ

今日の本

次は駄菓子屋に行ったので、そのことを書きます(^^)/


というわけでとりあえず梶の読んだ本を紹介しています。

特にそういうブログではありません(笑)過去を振り返ってる最中ですので☆


120222_130400.jpg

梶が小説好きになったキッカケの本です。
今や超売れっ子(大人ですが・・)東野圭吾さんの作品の一つ。「秘密」です。

映画にもドラマにもなったのですが、映画は最悪・・ドラマは何とか見れました。。佐々木蔵助さんが好きなのと、原作にぎりぎり近づいてたなぁって。。まあ映画と比べてだけどね。。

梶が中学の時には小説というか雰囲気小説みたいなものは読んでました。
片岡義男さんの本です。まあ、ダンディな人やおしゃれな人が出てくるような・・モーニングコーヒーがとても似合うような(^_^;)大人に憧れてたんだろうね(笑)今ではまったく違うタイプの人間になってます。。

そんな梶が本格的に読み始めたのはそんなに前じゃない。

この本は新聞に出てたので、本屋に「あるか?」と聞いたら「ない」と言われたので取り寄せてもらいました。

泣きましたね。。

これも江戸川乱歩賞をとってたような気がするんだけど違った??

まあキッカケでそれから漁りまくりです!!

貧乏だった梶は古本屋で買っては売り、買っては売りを続けていたので、手元に残ってません(^_^;)
なので少しお金が入るようになってから、再び買い戻しているところなんです。。


そんなこんなで、暮らしてきた自分が大事にする一冊。

他人がどう言おうが、これが出発点だったことは否めません。

なので、ありがとう☆って感じです(^^)/

コメントの投稿

非公開コメント

No title

梶さんにとって、出会いの本ですね^^
いいですよね、そういうのって。
ずっと覚えていられる、
私もこの本は読みました。
歯医者さんの待合室に置いてあって、行くたびに読んで、読了しました^^
奇想天外な展開の中に、しみじみと家族愛があって、独特な読後感でした。
やはり東野さんはうまいなあと思ったものです。
(好きな本って、映画になると、ガッカリしちゃうことが多いですよね^^;)

私のきっかけはなんだろう。
小学生の時から本の虫で、図書館の住人でしたが、
ミステリーを読み始めたきっかけは、中学1年の時に読んだ「Yの悲劇」かなあ。
授業の合間に読んで、ラストのページで、「え~~!」と叫んだ記憶があります^^;(変な子)
それいらい、ミステリーの虜です^^

lime さん☆

小学生の時は確かに何か読んでたような・・
怪人20面相とか、ルパン対ホームズとか☆
しかし、歯医者で読破っておもしろすぎる(^^)
梶はせいぜい、整体で読む漫画くらいです(笑)

小説が映画になったパターンで面白かったのは、
中島らもさんが書いた「永遠(とわ)も半ばを過ぎたころ」原作で、
「Lie Lie Lie」(たしかそんな綴りだった)。
今となってはものすごいキャストが演じてました。

中島らもさんは劇団を作っていて、何度かその劇団の方とはお会いしてましたが、
そんな頃に亡くなられて、さすがに愕然とした想いをしました(^_^;)
まあ、危ない人でしたが・・

No title

中島らもさん、大好きでした。
リリパットアーミーですよね!
学生の頃から芝居好きだったもので、何度も観に行きました。
らもさん本人が出演されたのも、見ました^^
らもさんの本も、ほとんど読んでると思います。

なかなかもう、あんな人は出てきませんね。

lime さん☆

おお!!
リリパットアーミー知ってるのはさすがです!
まだペーペーの頃にコング桑田さんと共演させていただいてまして(^_^;)

らもさんの本でまだよんでないのはガダラの豚かなぁ・・
またいっぱい読めるような日を作りたいなぁって思ってます☆

プロフィール

kazi

Author:kazi
梶 武志(本名 梶浦 武志)
1972年11月2日生まれ 岐阜県出身

職業:アクションコーディネイター 

殺陣・アクション指導から演技指導・プロデュースなど多方面にて活動!

性格は至って温厚
猫好きである(=^・^=)

リンクフリーです☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード