FC2ブログ

終了・・

1年間という長期にわたっての卒業公演という授業が終わりました。

さみしくて仕方がありません・・・

さみしさと引き換えに、今回の卒業公演は近年まれにみる大変すばらしいものが出来ました。

あちこちの卒業公演を観ている写真屋さんからも、こんな卒業公演は観た事ない。レベル高いっすねぇ~って言っていたらしい。

役者(生徒)のレベルは決して高いものではありません。

むしろ悪い方でした(^_^;)

でも、彼らは自分達が今持っている力の何倍もの力を発揮してくれた。

そこに至るまで自分と四苦八苦し、周りと衝突し、泣いて、笑って、怒って・・・・

たくさんの人間らしい姿がそこにはありました。

だからこそ、自分達の力を伸ばすことが出来たのです。


多くの方から、よかったよーって言葉じゃなく、「感謝」の言葉をいただきました。

卒業公演とはそういうものです。
彼らの成長の場なのです。

良いも悪いも全部ひっくるめて、これから前に進んでいくんです。

どんな道に進むにしても、彼らの未来に幸あれと願わんばかりです。





梶の卒業公演は10年後に終了します。それは、彼らとまたあの笑顔で会える事・・
その時が来た時が本当の終了です。

コメントの投稿

非公開コメント

今だけ、今だから僕という人間を語ります。

1年間・・・いや、殺陣の授業を含めれば2年間本当にありがとうございました。
学生生活最後だから今だけ自分の心を語らせてください。


僕は本当は自分に自信がなく、自信がないからできるまで練習する。
練習して、できるようになってもそれでもやっぱり不安で、自信も持てなくて・・・
それでも、自分を出せる仲間の前以外ではできるだけ笑顔でいようと心がけて・・・
学校にくるお仕事やテストの結果が良くて、『やったっ!』と自信が持てるようになっても、
その後にミスをしてまた不安を抱える自分に逆戻りの繰り返しでした。

そして、頭ではわかっていても行動に移せない自分が嫌いで、ネガティブな自分が嫌いで、卒業公演も『まとめる役はお前がやれ』とみんなから搾り出され、まとめたくないと思う。こんな自分で良いのか?と自問自答しながら四苦八苦やって。
梶さんに言われた言葉を考え、自分はどうしていったらいいのか。
いろんなことを考えて、周りのみんなに助けられながら、まとめて行きました。

この1年間、不安や怒り、悲しみばかりだった気がします。
でも、それでも必死にやってきて卒業公演を終えた時やってきてよかった!
やってよかった!そう思いました。

いろんな出来事があったから、みんなで必死にやったからこそ終わった時の達成感がすごかった・・・。
喜びがすごかった。
あの達成感はいまだに残っています。
終わったあとの曇り空が一瞬で晴れ渡ったような感覚。
雛鳥が初めて空に羽ばたいたような感覚があった気がします。
(気のせいですかね(笑))


泣くもんかって思っていて、見に来てくれた友人や先生方
そして、梶さんとハイタッチした後はもう涙があふれ出てきて・・・
心の中で

やった・・・やったっ・・・

て何度も何度も言って。

今までの苦労や辛いことなんか吹っ飛んでしまって・・・
しばらく
『ありがとうございます』
しか言ってなかった気がします(笑)

本当に・・・本当に、梶さんと出会えてよかった・・・。
本当に・・・ありがとうございました・・・。

最後の言葉通り、
この卒業公演の感動やお客さんの拍手、一生忘れることができないと思います。

梶さん・・・僕たちに一生の宝物をくれてありがとうございました!



宝物にしたのはお前たち自身だよって言われそうな気がしますが(笑)

それでも、言わせてください。
本当にありがとうございました。

名無しの権米さん へ

宝物にしたのはお前たち自身だよ(笑)

そしてそれは梶の宝物でもある。

卒業公演じゃなくて、名無しの権米さんやみんなの事がね。
プロフィール

kazi

Author:kazi
梶 武志(本名 梶浦 武志)
1972年11月2日生まれ 岐阜県出身

職業:アクションコーディネイター 

殺陣・アクション指導から演技指導・プロデュースなど多方面にて活動!

性格は至って温厚
猫好きである(=^・^=)

リンクフリーです☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード