FC2ブログ

舞台の場当たり。

今日は、明日本番を迎える舞台、空想組曲「ドロシーの帰還」の場当たりをしてきた。

いろいろ変更点などあったが、役者達は本当に素直に対応してくれたので、思ったよりも時間が早く済んだ。

そんな場当たりの空気を感じながらいろいろ考えてた。

「どうしてこの役者達はこんなにも打ち込んでやっているのだろうか?」

とか・・

「目的っていったいなんだろう?」

とか・・

「楽しいのかナァ?」

とか・・まあいろいろ考えてみました。

正直難しい内容のお話なので、どうかなぁ??って思ってたんだけど、次々にくるシーンが終わると「早く続きが見たい!」ってなんだか思っている自分に気がついた。

やっぱりいい舞台です。間違いないです!

そんな舞台に仕上げて行くスタッフ・役者をみていると、ふと上記のような事を考えてしまった^^;

スタッフは・・まあ、お仕事です。基本的に仕事なんです。
この為に稽古するわけでもなく、短い期間の間に舞台を作り上げなければいけないという重責のある仕事です。

アクションコーディネイターをしてる梶も、なんだかんだと短い時間に作り上げなければいけない半分お仕事です。

じゃあ、役者は?って考えると・・確かにお仕事ではあるけど、う~~~んなんていうのかなぁ・・
梶にはついぞ分かり得なかった事なのかもしれない。。
これから分かる事なのかもしれない。。

彼らは何を思い、何を糧にしてそこにいるのか?

そんな事も踏まえて本番の舞台を見てみようと思います。

もしかしたら、少し答えが分かるかもしれない・・・そんな期待が出来るほど素晴しい役者さん達です。

多くの人に見てもらえたら幸いです。

ちなみに土日は随分と予約が埋まってしまっているとの事。

早く観たいなぁ(*^_^*)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazi

Author:kazi
梶 武志(本名 梶浦 武志)
1972年11月2日生まれ 岐阜県出身

職業:アクションコーディネイター 

殺陣・アクション指導から演技指導・プロデュースなど多方面にて活動!

性格は至って温厚
猫好きである(=^・^=)

リンクフリーです☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード