FC2ブログ

成長するって

今日は殺陣の振り付けをしているお座敷コブラという劇団の本番を観に行った。

正直に思ったのは、作品が成長している。という事。
今やってる演目がではなく、今までやってきている演目の完成度の話で。

もちろんまだまだだとは思うけど、今までファンタジックな傾向が強すぎた、あるいはアニメチックな傾向にあった物から、舞台チックというか芝居チックなモノへと変わりつつある。
つまり、舞台でやる作品作りが出来始めていると言う事。

梶はそんなに偉そうな事はいえないけど、どちらかというと舞台なら舞台!って作品が好きだ。

アニメはアニメ。
テレビドラマはテレビドラマ。
映画は映画。
舞台は舞台。

である。

梶は成長について思う事がある。

それは自分に繋がるすべてを、「どんな手段をもっても成長の糧にするべき!」だと。

卑怯だと思う人も当然いる。梶も立場が立場なら腹が立ち、文句も言うだろう。間違いなく。

でもそれでそいつ自身が成長したのなら、それはそいつにとっての宝だと思う。
そしてそれは自分のこれからの人生に大きく関わってくるだろう。
そしてそれは、そいつの「勝ち」なのだ。


実は梶、そういう部分意外にラフなので^^;
なぜかと言うと、梶は例えば殺陣のフリをまるっきりマネされたとしても、真似られている事にうれしさを感じるし、マネされてても、同じ事にはならないと思っているから。
だって、梶が付ける殺陣には「梶の愛」がある。そしてそれを役者に伝える。もし伝える言葉まで真似されても、心の重みまではマネできないじゃん(^^♪

自分が一生懸命考えて作った殺陣、大好きだもん★
それを一生懸命良くしようとがんばってる役者が好きだもん★
そしてそう思ってる梶を信じてくれる役者やスタッフ達がいるもん★


そういう関係がある限りすべてが、「オリジナル」である。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazi

Author:kazi
梶 武志(本名 梶浦 武志)
1972年11月2日生まれ 岐阜県出身

職業:アクションコーディネイター 

殺陣・アクション指導から演技指導・プロデュースなど多方面にて活動!

性格は至って温厚
猫好きである(=^・^=)

リンクフリーです☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード