FC2ブログ

発表会見てきました!

梶は卒業公演とか、どこかの発表会とかが割りと好きだったりする。何でかって言うと、正直そのへんの小劇団なんかよりずっと感動したりするのである!不思議だけど本当にそうなのだ。

理由は簡単。全力でやってるから。一生懸命心からやってるから。不思議とパワーが伝わるのです。

梶が最初に見た演劇って名古屋の某かの専門学校の卒業公演だった。内容はシェイクスピアをいろいろ混ぜたものだった。基本はオセロだったかな。

もうムチャクチャでした^^;でも、最後に燃え尽きそうな力を振り絞って演技をしていた。見ている観客がみなその気持ちに感動していた。梶も感動した。だから東京に来て最初に観た演劇(offoffシアター)の芝居を観て本当にがっかりしたのだった。上手くも無いのに上手いフリしてたのがミエミエ~・・最低の役者達だった。

今日は劇団ひまわり千葉養成所の専科の子達の発表会。梶も少なからず関わっていて一緒になって芝居を作りアクションも付けた。ちなみに小学1年生から中学3年までの子達。

正直、演技はダメだよ^^;誰もそれについて褒める事は出来ないレベルです。でも彼ら彼女らは今の自分達の出来る全部を振り絞ったんだろうね。コレまでの稽古の中で、ない頭まわして考えてやってきたんだろうね。お客さんからも笑いを取っていた。そして最後には涙も頂いた。

最後のシーンではやっぱり泣きそうになっていた彼ら。でも最後まで演技を続けた。

決して同情ではない。なによりもやりきるというパワーを感じ取った。

このパワーって言うのが本当に大事なんだ。コレが土台に無ければ今、役者ですってやってる奴らは辞めたほうがいいよ!って言いたいくらい大事。

大人になると頭を使い出す。これはコレで大事だけど、妙に賢くなって楽をする奴がいる。すべてをやりきるのではなく上手く回避するやつ。許せないね・・・

子供達のパワーってそういう賢く使う頭って基本的にないから心のそこから全力を出す。無心というのかな。少し羨ましい気がするが、本当に大切な気持ち。

もしかした今日の出来事もいつか、良い思い出ってやつに変わるかもしれないけど、出来たら今日感じた気持ちを持ち続けてほしい。大人になっても今日得た気持ちを大事にしてほしい。

そう思う梶でした。

みんな、お疲れ様!

でもね・・・・明日からまた通常の稽古ですよ^^;がんばれ(^^♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kazi

Author:kazi
梶 武志(本名 梶浦 武志)
1972年11月2日生まれ 岐阜県出身

職業:アクションコーディネイター 

殺陣・アクション指導から演技指導・プロデュースなど多方面にて活動!

性格は至って温厚
猫好きである(=^・^=)

リンクフリーです☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード