FC2ブログ

仲間っていうのかねぇ★

各務原公演「戦場のボレロ」について、最後の日記になるのかなぁ^^;といっても最早、日記にもなってないんだけどね(*^_^*)

さて、今回は梶の中学・高校時代の同級生との飲みの席★
なんといっても何年ぶりなんだろうってくらいの奴らだけど、これが本当にいい奴ばかり!!
天竜みんな

みんな、何となくおっさんになった様で、まだまだ子供の様でもあった。。
会うとバカな話ばかりしてたしね^^;
でも、芝居を観てくれた奴は本当に感動して普段の仕事をがんばれるって言ってくれた!梶がこんなにがんばってるなんて思わなかったとか、昔とは随分変わった梶に驚いてくれてるようだった。

よい事?

梶は岐阜に役者達より早く行った時、中学時代の恩師に会った。その方が言ってくれたの言葉が今でも・・いや多分コレかも残っていくんだと思う。

「久しぶりに会えるって事は、自分にある程度自身を持ってるんだ」

少なくともこやつらは、自分の生き方を曲げずに生きている。。梶にはそう思えた。
またこうやって会いたいものである。

ちなみに此処「天竜」という小さな飲み屋さんは、こやつ等の行きつけらしいのだが、ココの大将がすばらしくコミカルなのだった^^;

天竜おやじ

なんというか、憎めないキャラクターというか、人生を楽しんでるというか、マスコットのような人だった。
でもね・・・酔ってるんだけどね(笑)
店が終わってみんなと混ざって一生懸命に話していたんだが、かなりの時代錯誤で話が合わない^^;やけど、なんだかめちゃくちゃなみんなとの会話が本当に可笑しくて、涙を流すくらい笑った!!
こんなに笑ったのはいつ振りだろうか・・・
まあ、いろんな涙だったんだけどね^^;この大将も自分の生き方ってやつをしっかり持ってる。それが、人に優しい。難しい事だけど・・・

こんな素晴しい仲間と再会したり、新しい出会いをしたりと本当に短くも濃い各務原公演だったと思う。
故郷でやったからっていうメリットかもしれないね。。

今日、ある役者から同じく戦争についての舞台で気仙沼まで行った奴からのメールが来た。全席満席だったらしい・・・

悔しい・・・

梶の力不足を感じた。。もっと多くの方々に見てもらいたい作品「戦場のボレロ」・・梶はなんとしてもこれからやり続けなければならない!!

明日に向かって走れ!!


みんな!有難う!!俺も頑張れる!!

今日の猫★各務原公演スペシャル

今回の今日の猫は、各務原市に住む、梶の親友の家の猫です!!

橋本猫1

真っ白な猫たん(=^・^=)本当に綺麗な毛並みで素晴しい!!
実はこの猫はもう一匹いるのだ。しかもそっくり!!!
最初にお邪魔した時に白い猫が目の前を通っていって
「あっ!猫だ!かわいい」
なんて思って居間にお邪魔したところ・・・???
さっき目の前を通っていった猫がいるではないか?!

何故??幽霊?

まあ、二匹いたんだけどね^^;ってオチ・・・

橋本猫2

そして、飼い主登場★

ペットは飼い主に似る!というが、全く異質な飼い主^^;でも、性格は似てるかもね(笑)
さすがは飼い主。梶にはあまりさわらせてくれないのだが、あっさり抱っこ^^;
まあ、そこは気まぐれな猫・・しょうがねぇなぁ~くらいに思ってるんだろうな^^;

何にせよこの飼い主さんは、各務原公演の仕込みの時にお弁当を参加者全員分、用意してくださったお方なのだ!!

本当に感謝!!

もう一人、梶の親友がいて二人で差し入れしてくれた!!あまりに大きなプレゼント。泣きそうになった。本当に有難うな!!

こうやって支えられながら、「戦場のボレロ」は舞台上ったのである。

お足を向けて寝れないなぁ・・・

ファンっていいね(^^)/

今回ゲスト出演して下さった、佐々木 剛 さんのファンの方々が「戦場のボレロ」を見に来て下さった。東京はもちろん京都などからも来てくださって本当に感謝です!!

佐々木ファン

後ろに写っているのは、仮面ライダー2号のサイクロン号?のカウル部分。なんとファンの方が自作で作ってきたらしい^^;すげぇー!!

梶の世代ではギリギリな仮面ライダー。。今でこそ流行になってきたが、当時ももちろんすっごく人気のあった番組だった!
世代は次々に受け継がれて、ファンの方々には今でも絶対的なヒーローに違いないのだろ。

子供ライダー

そして、その子供達にも受け継がれていくみたいだ!この子もその一人!ちゃんと変身ポーズを決めてくれる!この心って大事だなぁって思うな★
男はいつまでたっても子供なのである(*^_^*)

そういう人に悪い人はいない!!

こんなに楽しい仲間が集まって一つの事に夢中になるって本当にファンっていいなぁ★

受付周りは本当に始まる前からにぎやかだった(^_^)

受付美人

そんな受付周りを完全フォローしてくれた美人二人組み★

お陰様で本当に助かりました。地方という慣れない場所、またどうなるか予想がつかない状況で、本当に素早く様々な事に対応してくれた!!
感謝の言葉しかない!

今回の舞台の成功の立役者である!!

こうして内外にいろいろな人達の協力を得て「戦場のボレロ」各務原公演は成功したのである。

忘れない・・・絶対に!

そして次へ・・・


500人収容劇場

19’プロデュース 主催で行なった 各務原公演「戦場のボレロ」は各務原文化ホールと言うところで行なった。。

キャパは500名^^;

しかし、本番始まってみると客席がいっぱいになっていた!!

うれしすぎる!!

今回はたったの2ステージ^^;この2日だけでどれだけのお客様がいらしてくれるか本当に不安だったけど、結果は素晴しい★涙が出てしょうがなかった・・・

コレが客席↓

舞台1

広すぎて全部写らない^^;^^;
そして、写らなかった所では・・


舞台2

う~~~ん^^;みんなご苦労様です^^;

本当にタイトな時間割で普通ならありえない時間割を見事にこなしてくれたスタッフさんと役者(^^)/
本番が終わって舞台をバラした次の30分後には車で帰っていったからなぁ^^;ごめんね^^;
でも車の中ではみんなテンション上ってて楽しかったって(ToT)/~~~俺も混ざりたかった(笑)
まあ、2時間しかもたなかったテンションらしいけどね。当たり前かぁ^^;本番で全力でやったあとだもんね。。ちなみに普通に走って6時間くらいかかります、東京までは^^;

でもみんなのお陰でほんとうに沢山の方から声を掛けていただいた。
本番の舞台正面から見た客席に、沢山のお客さんが居てくれた。最後には我々に本当に大きな!そして長いなが~い拍手が送られた。

梶は小劇場を東京で何度もしたが、ほんとうに良い拍手というは少ない。

いつ終わるか分からなかった拍手・・・思い出すだけで胸がいっぱいになる。いつ挨拶していいか分からないくらいだった^^;^^;

こんなに大きな劇場で、多くのお客様から、大きな拍手を頂いて幸せです!

というか、地方ではこのくらい大きな劇場しかないのも事実。
だからこそ、客席いっぱいにしなければならない!!そして、ほんとうに良い作品をお送りする。

使命です。。

そしてこれからも、その使命が梶の責任なのだ!

全うする事。コレが梶の人生かもね^^;

まだまだ、東京でもやらなければならない事がいっぱいある!みんながんばる!そして楽しむ!そして向上していく。まだまだ未熟な梶にはそれしかない!

やるっきゃない!!

でれぇ~えれぇ~けど、やらなあかんやん(*^_^*)(岐阜弁)

各務原公演「戦場のボレロ」終了★

1年半・・・長かったようで・・・

長かったぁ~~~~~^^;

梶の周りの環境を一変させるようなくらいの出来事が沢山あり、それに伴って本当に多くの方々との出会いがあり、人生が広がった1年半だった。

人は何かを本気で目指した時、前にしか進まないものなんだぁ(*^_^*)

もちろん梶には足りないものだらけなんだというのも気がつかされた。。

というかそればっかり。悔し涙も流しっぱなしで水分不足^^;

そんな足りないところを、人生の先輩方に教えてもらった!
梶にも意地というものがある。熱い情熱を持って取り組んだ。だから、相当固い事をガツガツ言っていた。本気でぶつかっていった。。でもその方々は本当に親身になって受け取っていただき、また、本気でぶつかってきていただいた。
もちろん、だいたいは梶の甘い部分が多いのだが・・ハッキリ言って・・・恥ずかしい限りである。

まだまだ若造なんだぁ^^;

その現実をしっかりと受け止めて今後も精進していきたい!!これからの為に!

まだまだ、これからこれから!やることは沢山ある!!明日からもバリバリやりまっせ(^^)/

だけど、きっとしばらくの日記は「戦場のボレロ」スペシャルになることだろう。。

忙しさにかまかけて、あまり写真を撮っていないのは痛いなぁ、こういう時って^^;
まあそれなりに、いろいろあるからドンドン載せたいなぁ★


梶にとっての今回の公演は・・・一言では言えない。

まだ終わらせたくないからね。

でも、一言一言づつはあるかなぁ。

今言えるのは、人事を尽くして天命を待つ!なにより人とのつながり深さを、実際に体験したものだった。

10年後、梶の自分という姿の「目標」を見つけた気がする。そしてその為には何をしなければならないかをハッキリと認識出来た。

あくまでも、梶という人間性の話でね。

これからの行動の仕方をちゃんと考えて、明日から動いていきたい。それが、今回の先輩方が教えてくれた事への感謝の気持ちであるから。

なんか、最近は「戦場のボレロ」の影響か、喋り方が丁寧になりすぎたり、地元連中との交流ですっかりナマってしまった気がするやん^^;


舞台では500人収容という座席に本当に沢山のお客様がいらしてくれた。
客席いっぱいのお客様の姿・・舞台挨拶の時にはどうしても涙が出てしまいそうになる。
感動・・ではなく感謝!の気持ちが本当に大きかった。
故郷とは言えども、ほとんど交流の無かった時代が多い中で、これほどのお客様がいらしてくれたのは、地元で頑張っていただいた方々のお陰以外、何者でもない。
本当に感謝しています。
まだまだ、だらしの無い梶にこんなに力を貸してくださって本当に有難うございました!!

そして、何より来ていただいたお客様のほとんどから、お声をかけていただいて本当に感激でした!
あまりの多さに言葉少なくなってしまいまして申し訳ないとの思いがいっぱいです。



また、行きます。

その時にはまたお声がかかるような芝居を是非、見ていただけるよう努力します。

今日はここまでかなぁ^^;全部書いてたらまた徹夜だ^^;

明日もがんばろ!!

続く・・・

朝がやって来た★

さてと、このまま行きますか!

すべて準備が整って、これから岐阜県各務原市に向かいます!

今は朝の4時50分。

まあ最近こんなんばっかで慣れてきちゃったなぁ(笑)

今日はたくさんの人と会って、まだまだ舞台に足を運んでもらうんだ!

最後の通し稽古が本当に良くなったから是非、観て貰いたい!

その気持ちだけが足を運ばせる。

とって素敵な気持ちだなぁって思う。

みなさん!お待ちあれ!

さぁ、舞台の始まりです!

明日に向かって★でも今日なんだけどね^^;

なんかまだ仕事終わらんぞぉ~~★
アレやこれやとやっていて、まだあれやこれやが残っている★
まあ朝までに寝れればいいか★
それも叶わないかもしれないけどね★
ああ、明日が早く来ないかなぁ★
そういえばもう明日なのか★
明日はきっと忙しいぞぉ★
楽しみ楽しみ★
ちなみに今日は稽古納め★
ああ、そういえば機能家・・・既往か・・昨日か★
段々ぱあ損紺の自我かけなくなたきていうりきいll・・
段々とパソコンが打てなくなってきてるぞぉh女子★
ふと気がつくと中国の文字だらけ背でh氏おい★
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
やることはやったかなぁ?まだまだ足りない気がするのは気のせいか??
もっと自分を信じろよ・・・カジ!
まだまだこれから!まだまだこれから!
がんばれがんばれ!

今日の猫★

さて、今日の猫は★
いつも稽古場として使っていた「スタジオ タカタカブーン」近くの懐っこい猫たんです(=^・^=)

nekokoi.jpg

稽古場に向かう途中に歩いてた猫を撮ろうと思っていたら、自分で勝手に撮れ!といわんばかりに大人しく座って撮るまで待っていてくれた猫なのだぁ★

首輪つけてるところから飼い猫なんだろうと想像する。

家の近くの十条商店当たりの猫もそうなのだが、商店街猫はとても人懐っこい!!ナイス!

正面の写真は残念ながらピンボケ^^;梶の撮り方が悪いのだ^^;

昔から写真を撮るのが苦手な梶・・・ピンボケする自信ありありなのである。

ちっとも上手にならない・・がんばろ(^_^)

さてさて、癒されて一段落ついたところで各務原公演の為のみなさまへの挨拶の原稿を書きますか(^^)/
本当に感謝の言葉とは難しいものである。。

今日中に書けるかなぁ^^;

幸せのカタチ

本当に懐かしい人達からの応援の連絡を頂く。
各務原市公演「戦場のボレロ」をやるにあたり、こうしていろいろな方々の応援や励ましのお言葉やご連絡で梶は今たっていられる。

故郷で表現する事。一つの夢から目的に変わって実現まであと少し!

ただ、梶は今になって後悔してることがある・・・それは

もっと、もっといっぱい人と触れ合っておけば良かった・・と。。

梶は、本当に突然だけど人見知りになってしまった。その為に誰とも気楽に話せない時期が長く続いていた。その時期が無かったら今、どんなにか・・

そんな風に思ってしまっているのである。でもね、コレって良くない事だっていうのも知っている。

だって未来はコレから、そしてまだまだ先があるのだ。後悔しても始まらないのだ。。


今は、それ以上にうれしい事がいっぱいだ!こんな梶にも・・・いやさ、あんな梶だったのに、今、いっぱい応援してくれる人達がいるんだって事実!
あの頃の梶は本当に自分の事が分かっていなかったんだなぁと思う。まあ、若さってのもあるんだけどね^^;

梶はやっと大人になった。

幸せがこんなに、人の想いによって感じられるという事が分かったから!

だから、絶対に自分を最後まで信じて、妥協せず、全力でこの舞台に立ち向かっていくぜ!!

こうやって応えていくしか今は出来ないから。



不器用な梶には全力が丁度いい。。


幸せのカタチは、梶の全力で忘れないものにしていこう★

価値観

人には色々な価値観が存在する。

古きものや新しいものといった価値観もある。

文化とは古きものを継承する事ではなくて、新たなものを取り入れてより進化していくものと梶は思っている。

ただし、それは古きものを継承していく人間がいて初めて成り立つものである。
一概に古きものが「古い」のでは無く、古きものが継承されているからこそ、新たなものが映えてくるのも事実である。

ただし、新しいものをバカにしている人はいつまでも日の目を見ることが無いのも事実。

より良いのは、「古きを知り、新たを取り入れる」
これが理想。。

梶はまだまだ未熟で、「ハイ」としか応えられない事ばかりである。

悔しい・・・

でもいつか認めざる負えない所に立ちたい。。

それが梶のプライドである。だから、今はプライドを捨てて生きている。

いつか「認めざる負えない所」に立つまでは・・・

舞台の稽古も大詰め!!


やるしかない。

朝からワッショイ!

朝から急な仕事で荻窪へ!そして打ち合わせをして、あちこちと連絡を取り、当初の予定だった、梶の衣装を買いに行こうと、下赤塚へ行く前に、うどんを食べていこうと、荻窪の立ち食いへ・・・そんな時に連絡が入り立ち話する事・・30分^^;電話代が怖い^^;^^;
その間に、うどん屋の前を通るおばちゃま達が目の前の立ち食いが「ウマいって評判らしい」と言っていた。確かに何回か言ったがうまいなぁと思った。梶はうどんが大好きなので味にはうるさい★

必ず春菊天を入れて食べる。てんぷらがウマい所は少ない。ここはまぁまぁかな(^_^)

新宿の東南口付近にある立ち食いのてんぷらはウマい。

池袋のメトロポリタン方面にある立ち食いはもっとウマい!

どうやら大山にウマい立ち食い屋あるらしい★

北区にもあるらしいが見つけられない^^;^^;

などと言う間に食べ終わり池袋へGO☆彡

の前に、岐阜県から応援の連絡が入り本当に幸せな気分で話をした。今日の稽古にも身が入るってものだ!!

さてさて・・

池袋に着くと東武東上線に乗り変え。。梶は昔、成増に住んでいたので東武東上線はとても昔を思い出させる。前回、下赤塚へ行った時は座った車両に沢山の変人達がいたが、お盆だという事だろうか??かなり人が少ない。梶にとってはとてもありがたい!!うれしい!

平和な車両は成増へ・・・・え?成増??

梶は慌ててたせいで、急行に乗ってしまい下赤塚を過ぎてしまった^^;まあ一駅戻ればいいか。

そう思っているうちにあちこちに連絡。やっぱり電話代が怖いぞぉ・・・

そして目的の下赤塚到着!!さっそく衣装を買いに行ったら・・・?!ない!ないぞぉっ!

あんなにいっぱいあったはずの服がなくなってしまっていた^^;しょうがなく別の所へと思ったが意外にというか、思った通りあまり無い^^;結局、1時間ほど歩き回って池袋へ行く事にした・・

そうしてる間にいろいろな仕事が帰ってこなせるよう、メール転送しまくり!パソコンへね★コレって本当に便利でやっておくとチェックが出来て間違いを起こしにくい。。

あれこれ落ち着いてやっているとうるさい学生がテニスラケット持って入ってきた。。

目の前にはサラリーマンが勉強している。梶も予定帳開いて仕事のチェック。学生達は先輩がどうのこうのなどの話。なんだか、梶もあんなふうだったんだなぁと思うと恥ずかしくなってきた(~_~;)

そして池袋到着★

もう一つの目的であるシアターグリーンで、紹介した奴がキャストで出てて、梶の名前もチラシに掲載してくれてる団体に挨拶をしようと近くでワインを購入。劇場へ★
皆さんが暖かく迎えて下さって上機嫌で帰った(^_^)怪我なく無事に公演が終わりますように!(^^)!

そして、キンカ堂へ。ここはいろいろご用達なのである。すぐさま店頭で衣装発見!!さらには足りない衣装も買い込んでやっと買い物終了^^;

その間にあちこちの服やに入ってみた。そういえば最近、服をかってないなぁ・・ほしいなぁ・・・
なんて思っても今は無理!我慢をして店を出る事3件ほど・・なんだかストレスが溜まる(笑)

やっと十条に帰って来て、稽古の準備へ。。

今日の稽古は本当にいい感じだった。時間に無駄が無く、みんなさっさと稽古にうつつをぬかす。

さて、衣装も出揃い、いよいよラストスパート!!

でも、腰がいてぇなぁ・・・

また明日にでも整体にいくかな(^_^)

最近、マット運動に付き合ってるから実にハード。でも楽しいね★本当に楽しい★やり始めるといつまでもやっていそうな勢いで教える立場を忘れてしまう(笑)

もっと、もっと若い時からやってたかったなぁ^^;

なんてね(^・^)

まだまだ、これから、これから★

さぁ、明日もがんばんべぇ!!

少人数制アクションワークショップ

19’プロデュース のアクション部門「Traum」では少人数制をとっている。
といってもこの夏には人数が本当に少ない・・・でも

「これでいいのだ!!」

今、続けてきている人は本当にウマくなってきている。梶の言う事も理解して自分で考えて自分で対応していく事が出来てきた!すごい!

細かい事を言い続けてそれを受け止める努力をした結果、驚くくらいの速さで成していく。

コレがやりたかった!!

初心者も大歓迎!と謳っている理由の一つである。あっと言う間にうちでやり続ければ倒立くらいは楽に出来、アクションの理解も深まる。

いろいろやっていくにはこの「理解」というのが本当に武器になっていく。

形を得たいなら、老舗の所で学べば良い。その代わり相当厳しい世界になっていく。アクションで食べていく事を前提に物事を進めていくのが当たり前だから。。

うちが楽かと言えばそうではない。個人をしっかり見てアドバイスをしていく為、相当頭を使わなくてはいけないからね^^;

でもね、来る人はみんな最後は笑顔になっている。楽しいって言ってくれる。まずはその入口に立とうという事。。

梶は自分でアクションで食べていける人を育てる事はきっと出来ないと思う。

そもそも、人を育てるという心構えでワークショップをしていないから。

だから、広い範囲でモノを知る・・・そして何にでも通じる道を伝える。この事が何よりも大事だと思っている。だから、どんな風でも良いからキッカケになってくれればいいなぁって切実に思っている。

梶はこの世界にはいるのが遅く、本当に追いつけ、追い越せでがむしゃらにやって来た。

もちろん、歳は関係なくその思いは大切なのだが、慌てる事で失敗する事もある。

やるからには責任は持つ。そこになって尚、広く見識を持ってもらう事を重点におきたい。

梶は責任から逃げません!!

逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ・・・・

なんて(*^。^*)

だから、今をがんばる。

今日の猫(=^・^=)

今日の猫たんは★
日暮里で佇む・・あるいわ店番をしている子です!

nippori.jpg

よ、余裕??それとも疲れてるの^^;
でもこれでは立ち読みは絶対に出来ないよねぇ!!偉い!!
というか、この子が守ってる「テレビ大作戦」って何?^^;

猫ってさぁ、本とか雑誌とか読んでると必ずその上に座り込みを決めるよねぇ^^;あれって一体なんだろう??アソボって伝えてるのかなぁ?って思うけど、けっこう何となくが多いみたいな気がするのは梶だけだろうか・・・・

やつらは気まぐれだからね★

そんな気まぐれが大好きなんだけどね、梶は^^;気がまぎれるというか怒りが収まるというか^^;

しかし、日暮里という町じゃ不思議な町だなぁ。なんとなく田舎っぽさも残しつつ駅前は開発されてるから都会なイメージもある。

ちなみに梶は東京来てから読めなかった駅名の一つが「日暮里」である。

最初に読めたのも「日暮里」である。

次が「徒町」。

ちなみに北海道では「長万部」は読めなかった^^;

ああ、北海道いきてぇ~~~☆彡沖縄も台風が無ければいきてぇ~~★

竹の子ニョッキ・・・

今日は千葉の養成所に行ってきた。。
今月から早くもクールが変わり、新しい子も入ってきたという事でコミュニケーションを図ろうとゲームをいくつかやってみた。

そこで最初にやったのが「たけのこニョッキ」

1から早い者勝ちで番号を言っていき、番号が誰かと被ったらアウト!最後まで言わなかった人もアウトという単純なゲームなのだが、この時に胸前で両の手を竹の子のような形で手を合わせていて、番号を言う時にその手を高々と上げるのだけれども・・

梶も生徒もかなり盛り上がり、テンション高め!

梶がなんの数字か忘れたけど全力で竹の子型の手を上げた途端・・・

親指が梶の鼻の穴を直撃!

自爆!

爆笑!


特に鼻血が出たわけではないが、鼻の頭が真っ赤になって痕を残す・・・


明日は大事な仕事があるのに、この鼻を見られたらどうしようかと^^;


ゲームのやりすぎには注意が必要です。

梶ってさぁ・・・

きっと我侭なんだろうな^^;

梶に関わる人に対しては、本当にその人が良くなるようにって考えてるんだけど、それが迷惑って事もあるんだよねぇ・・・押し付けがましいというか、自分の事を棚に上げてというか、梶の我侭でその人に言ってるのかもなぁってさぁ・・・・

でもね、目指すところがハッキリしてるなら、やることって本当に単純なんだけど、それがわかってないというか、面倒だからしないだけなんだよね。

梶の経験上ね^^;

だから、そこを突くと図星なので嫌われる(涙)

もちろんそれを聞いて自分を見直してくれる人もいるのも事実!

絶対に悪くなった!って話は聞かないもん。悪くなったら絶対に文句言うはずだしね。


やらない人は梶には関係してこない。やる人は着いてくる。そんなに難しい事は言えないからやるか、やらないかだけ。。

梶の周りにはやる人だけがいる感じがする。それがとても少ない^^;

もう少し考えた方がいいのかなぁ~~~俺????

なんて考えてるうちに現在、朝の5時です^^;

DM作業してたからだけどね(^・^)一枚一枚、来てくれますようにって願いながらやってるから、
作業がおせぇ~~~~俺^^;制作には向いてないのかもね^^;

明日・・・じゃなく今日届けます!!待っててください★

さてと、仮眠しますかぁzzzzzz

電車の中で歌??

今日は宇都宮でのアクションワークショップの日。。
なんと携帯を落としてしまい、汗って探して道端に落ちてるのを救出!お陰で電車に乗り遅れる始末・・・遠いから、遅刻も半端じゃない^^;^^;

何とか早めの電車に乗りしばらくすると、電車内で歌が聞こえてきた?!

完全に酔っ払ったオッサンというか中年の人が元気よく歌って入ってきた。

聞いたことない歌だけど、きっと最近の曲。

しかし、今は昼間・・・

どうしたぁ???
そして今度は笑い始めた。。これってもしかして酔っ払ってるんじゃなくてすべてに嫌気がさしてやけくそになってるからじゃないかと思った。

最近「誰でもいいから・・・」という輩が居るので気をつけてみた。

なにかあったらすぐにでも蹴り込んでやろうと思った。けどね。20分くらいすると奴は寝てしまった。。
そして、ふと起き上がって駅に着いたら出て行った。

やっぱりただの酔っ払い??

疑問を胸に台本を読みふける梶だった。

梶はずっと酔ったサラリーマンに対してかなりの嫌悪感を出していたのだけれども、本当にどうしちゃったのかなぁ。というか昔からこんなんだったのかなぁ?って考えた。こんな世の中で育った人はそりゃあおかしくもなるかも・・なんて思った。少なくとも今まで、良い大人っていうのよりは、ダメだこりゃって大人のほうが多いのも間違いない。

 嫁さんが妊娠中に電車で移動していたのだが、そこで3ヶ月間のうちでどれだけの人が席を譲ってくれるかを数えたらしい。結果は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゼロ・・・・・・・・・

それどころか、優先席で平然と携帯で話すサラリーマンや空いた席にわざわざ滑り込んでくるおばさん。そんなのばっかりだったのだ。。

ちなみに梶が今までで一番酷かった事は、知人の稽古場へ行く時の大きなエレベーターでの出来事だった。。

エレベーター前で待っていた車椅子の人がいるなぁって思って何となく見ていた。エレベーターの扉が開いて中から人が大勢出てきた。まあここまでは普通かも。そのあと、何人かが空いたエレベーターの中へ並んでる車椅子の人そっちのけで入っていくではないか!!!そして、車椅子の人が入ろうとした時にドアが閉まり始めて

「ガンッ!」

車椅子が挟まってしまった。

梶は「あっ!」って思って吸ってたタバコを投げ捨てて(灰皿へ)エレベーターまで走っていった。

その間に車椅子の人はドアの外へ避難をしてもう一度入ろうとしていた。

しかし、扉は無情にも(まさに・・)閉まってしまった。

「えっ!?」

誰も開くボタンを押さなかったのか!慌てて梶は外のボタンを押したがもうエレベーターは上っていってしまった・・・

梶は車椅子の人を見た。その人は無表情だった・・・梶にはこう見えた・・

「まあ、いつもの事だから・・」

信じられなかった。。とりあえず隣のエレベーターが空いたので梶はボタンを押し続けた。車椅子の人は・・・黙って入って行った。

沈黙があった。そっとエレベータの扉は閉まっていった・・・

梶の中には寂しさと怒りが入り混じった感情が流れていた・・・お礼を言ってほしかったわけじゃない。けれど、何も感じてないんじゃないかって思っちゃうくらいの車椅子の人の表情・・というか雰囲気・・・

忘れられない・・・

もう誰も信じていないかも・・・

悲しい・・・

梶は人がどう思おうと助けられる時は助けようよ思っている。

タイミングはあるかもしれない。でも出来るだけやるんだ、って思っている。



高校生の頃、目の前で転んでしまった知的障害の女の子を梶は起こしてやる事が出来なかった。

周りの目を気にして恥ずかしさばかりが募ってしまって手を差し伸べる事が出来なかった。。

立ち尽くしていた17歳の少年・・・もうあの頃の梶じゃない。大人としての責任を持って行動していきたい。それが梶の根本である。

手を差し伸べる事が出来る人が世の中いっぱいになったら、きっとね・・

平和だと思う。


もうすぐ選挙が始まる。いろんなマニフェスト?つまり公約を掲げてやるらしいけど、どれも胡散臭い^^;^^;

医療と教育にしっかり、時間とモノと金を使える国になってほしいと思う。

そういやぁ、雑誌でもう財源的な隠し金山は無いって書いてあったなぁ。

無いなら、今までの無能だった政治家達から財産を没収しちゃえばいいんじゃない?

誰も責任とって無いんだからさ。

辞める事が責任を取ることじゃない。しっかりと償う事が責任なのである。と梶は考える。

辞めれば済むなんてのは子供の考えじゃねぇかよ^^;

政治家ってのはさぁ、世の中で給料が一番安くなくちゃあいけない。それでも政治がやりたいんだ!国についてちゃんと考えて行動したいだ!って奴がやったらいい。

それならJRはタダで乗ってもいいよ★

どこかの家賃、少なくてもいいよ★

自分の金は一切使わないで、他人の金(税金)を使っているのは犯罪だからねぇ。。

分かってるのかね^^;^^;

それが変わらないならどこでも一緒かもって諦める。

熱い政治家が現われないかねぇ^;東国原がやってる営業って、がんばってるサラリーマンとなんら変わりない。でもそれがすっごく良い!って言ってるようじゃダメだな。。

国会議員にもきっと熱い想いを持った人、本当に頑張っている人がいるはずだけど、みんな潰されていく。。

これじゃあ、若者もがっかりするだろうなぁ・・



世の中に愛はないのか?愛は・・・・


やってしまった^^;

人生初です・・・

kanbann.jpg

今日は最後の各務原出張。相変わらず時間のない中、演出と舞台監督と共に市民会館で打ち合わせ後に観に行った。。

梶本人です。コレ・・

自分が看板になるってなんだか・・・複雑である。

主役のコバジュン・・・ゴメンネ^^;


でも、けっこうイケてない??

遠慮した・・・

遠慮って難しいなぁ・・・

みんなが同じ方向を向いてやる為には何かハッキリとした意思表示をしなければいけない。コレを適当な分析や自尊心で遠慮したりすると絶対に何かが間に合わなくなる。

梶の経験上そういう事のほうが多いのが事実なのだが・・

でも梶は今日は待ってみた。

でも次は待たない。なぜなら明日は一日しかないのだから。明日頑張らないでいつやるの?
待つっていつまで?

梶は待つ事も我慢する事も出来る。でもそれは時と場合を考えてする。

特にお金が懸かっているのだから、梶がもしその立場なら困難でもやりきる。

出来なきゃ話にならない。求めて出来るようにする。出来るかどうかは待つ事が出来る。でも最初から出来ないって事で見るのなら、やらないほうがいい。

梶はそうやって来た。たとえ梶より年上だろうと偉い人だろうとそれが礼儀だと思う。

人に因るっていうのもあるかも知れない。そこはちゃんと考えた上で答えを出す。これは大前提。

エラそうに言う必要はない。やることをやってもらう。当たり前の事。それがモノ作りじゃない??

森光子さんが80歳越えても前転してた。それよりは物凄く簡単な事。

やろうぜ!!!

今日の猫

今日の猫はぁ・・・
梶がいつもお世話になっている「T・P・O」の特攻娘さんからでっす★

            200908011802000.jpg

これはヤバイっす^^;

マジでかわいい(=^・^=)もう!もう!もう~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

写真の撮り方も最高のショットだよねぇ★

いったい何ヶ月くらいなんだろうなぁ。。梶の経験上、多分2ヶ月経ってないかもねぇ★

いや~~こんな子には何されても許しちゃうなぁぁぁぁぁぁ(*^。^*)

ああ、梶の腕の中で眠りなさいzzzzzzz

昨日は夜遅くまで営業をして今日は朝から仕事と仕事と仕事^^;そんな疲れてた電車での帰り際に送ってくれた写真。。思わず笑顔になってしまった★

いや~~癒される(^^♪

そういえば、昨日の夕方に、十条の「シロ」(以前紹介した猫タン)が店の角で店番をしていた。人や自転車が近くを通ろうとも避けもせずにそのばを死守していた^^;

一体何を守ってたんだい??

写真撮りたかったなぁ^^;


ああ~~、腰がだるい(^_^;)
プロフィール

kazi

Author:kazi
梶 武志(本名 梶浦 武志)
1972年11月2日生まれ 岐阜県出身

職業:アクションコーディネイター 

殺陣・アクション指導から演技指導・プロデュースなど多方面にて活動!

性格は至って温厚
猫好きである(=^・^=)

リンクフリーです☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード