FC2ブログ

うちの夏。。

130802_115904.jpg

洗面台にはたくさんのアヒルの子が・・・

可愛いけど、少々うっとうしい・

トラックバックテーマ 第1597回「布団の中で考える事」 随時更新中

2800年。人類は宇宙を二分する闘いがもう200年以上も続いていた。
特殊な能力を持つエデン軍が地球へ何度も進行してくる。
それは、「能力者」と呼ばれる人類と地球との長い長い闘いだった。
地球はその特殊能力を封じる為に、「アルファノイド・ベルト」 という脳に働きかける波動を地球の5000キロ圏内に放射することに成功。特殊能力はこの波長によって中和され、「アルファの井戸」内での能力を使う事が出来なくなった。
そんな中、地球軍の第11要塞艦アクエリアスの乗組員である青年「クリオ」には特殊能力があった。
特殊能力をひた隠しながら生きてきた青年の苦しみは、ついに限界となっていた。
そして、ついに・・・・・



という妄想をしているとよく眠れる。。

続き・・
2/2

2305年初冬。その日は晴天だったと言う。
それは突然起こった。
インターネットはもちろん、国防に至るあらゆるパソコンが暴動を起こした。
後に「バベルの崩壊」と言われるサイバーテロは完璧だった。
20数年を要して、世界のあらゆる機関にテロ組織の手の者が入り、念入り忍び込ませたコンピューターウィルス「ガラパゴス」を作動させた。それは全世界で同時に暴動し回線という回線を伝わって、すべてを破壊しつくした。
このテロを機会に世界は一つにならざる負えなかった。
取り急ぎ作った組織はまずテロ組織を完全に撲滅した。その組織を軍事拠点として、その周りを世界政府という名で完全に統一することが出来た。皮肉にもテロをきっかけとして、全世界的な仕組みが崩壊し、政軍分離の思想が現実となり、世界は瞬く間に平和な世の中を作り上げることが出来たのだった。
が・・・

しかし、思わぬ人類の進化が世界を二分することになってしまった。
「特殊能力遺伝子排除法」・・
この法律の施行で人類は長き戦いの渦中に放り込まれた・・・




という難しい事を考えてると眠れない。。


続き2/4

「クリオ」は行動を起こした。
それは亡命という形になった。
特殊能力の国への亡命。
自分は本当はこっちの人間ではないかもしれない・・・

その時、エデン軍において「パープルレイン」と仇名されるその紫色の機体は、青年と対峙していた。
青年は鉄くずになりかけている自分の機体を「パープルレイン」に密着させ、波動の力を及びにくくさせると、
「俺を連れて行ってくれ!」そう頭の中で叫んだ。
紫の機体の中でこだましたしたかのような叫びに、長いまつげが何度も上下した。
幾度となく戦火を交えた事のある機体というより想いの形・・
「なぜ?」
その想いと時同じくしてコクピットを空けて青年を入れた。

青年の機体を示す点滅は、紫の機体が離れるとレーダーから消えた・・・



続き2/5

地球圏から遠く離れた人工衛星都市「エデン」は、全長8000キロ、幅2800キロに及ぶ、当初いくつもの宇宙船を重ねたものが基盤となって作られていた。この宇宙船は地球から離れる時に使用されたものだった。
3000人だった人口も2億を超え、現在でもエデンはその姿を大きく肥大し続けている。
下腹部はつららを下げたような岩石が横長に連なり、上部は半透明になったカプセルのようになっていた。
「クリオ」は初めてみる噂の衛星都市を見て、すでに驚き終えた紫の機体のパイロットの顔を見た。
「そうよ、あれが私たちの星。あなたが求めた場所よ。」
やがて下腹部のさらに下へ潜り込むように機体を動かした。
 
青年が特殊能力の持ち主という事で、あっさりこの国での永住権を得る事が出来た。
しばらくの間、女性パイロットと行動を共にすることになった。女性パイロットは軍事指揮官の娘であり、レベル「SSS」の特殊能力の持ち主であり名を「シュリ」と説明された。
この国では身分証明とともに能力のランク付けがされていて、「A」が最低レベルでそこから「S」までのアルファベット順に高い能力を示していた。その最高ランクが「SSS」、S3(エススリー)と呼ばれていた。

「クリオ」はここで役半年の生活を「余儀」なくされる事となる・・・


2/22


「クリオ」は意外な事実を目の当りにした。
能力者のみで構成されているエデン内で、内乱が起っているのだった。
ひょうんな事からクリオは反政府軍のリーダーと出会い、この国の実態に触れることとなった。
反政府軍に従事している人は商店街を作っていた。大きなビル群に囲まれた日陰の場所。
エデンにおいて生活する人々の実態には明暗が同じくあった。

能力者のレベル制度・・この差別は民衆の生活の中で大きな問題となっていた。
子供たちのイジメ、収入差、・・クリオは地球のそれと変わりない事に気が付いていった。
能力があってもなくても、人の生活は何も変わらない。
子供たちとのふれあいの最中にそんな事を思ったのだった。

クリオは無理やりシュリをそこへ連れて行った。
「君の父親がやっている事は正しくない!」
シュリと対峙するクリオは自分のやるべき事を模索していた。




プロフィール

kazi

Author:kazi
梶 武志(本名 梶浦 武志)
1972年11月2日生まれ 岐阜県出身

職業:アクションコーディネイター 

殺陣・アクション指導から演技指導・プロデュースなど多方面にて活動!

性格は至って温厚
猫好きである(=^・^=)

リンクフリーです☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード